読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

携帯ショップで保険に加入できる?ドコモと日生が提携〜日本経済新聞10月20日〜

様々な業界の提携を当ブログで紹介してきたが、今回は「携帯」と「保険」の組み合わせだ。ドコモと日生が提携し、顧客の長期囲い込みを狙うそうだ。なかなか興味深いビジネスモデルであるが、あくまでも”金融商品”である保険商品を、ドコモはどこまで責任を…

もはや未来の技術ではない!自動運転車の本格導入〜日本経済新聞10月7日〜

市販車への導入も近い?ドライバーの負担を減らす「自動運転車」 未来の技術だと思われきた「自動運転」 が現実味を帯びてきた。トヨタを中心に、各社が自動運転車の開発を積極的に進めているという。自動ブレーキの次は自動運転。ドライバーの負担は減り、…

ヒトよりも正確!?資産運用分野で急拡大するフィンテック(IT)〜日本経済新聞10月28日〜

フィンテックの急成長が止まらない! 金融(ファイナンス)とIT(テクノロジー)を組み合わせた「フィンテック」の急成長が止まらない。以前当ブログにて、「ブロックチェーン」技術を用いて世界の大手銀行が手を組んだという時事を取り上げた。 kaidaten.h…

佐藤優のお墨付き!「知性を高める本」

執筆と読書を極める佐藤優氏 本屋に通う人なら、鋭い眼光を飛ばすこの恰幅のよい男性の書籍を一度は目したことがあるだろう。 元外務省主任分析官を務めたエリートでありながら、背任容疑での逮捕歴もある異例の経歴の持ち主「佐藤優」。 彼の著作は、共著も…

簡単に始められる健康のためのツボマッサージ

日々のツボマッサージで身体を整えよう!ツボマッサージの専門本の内容を抜粋してご紹介。

コウノドリ先生もびっくり!お腹の中の胎児の学習〜日経サイエンス2015年10月号〜

胎児はお母さんのお腹の中で学習している。近年の研究で明らかになってきた「胎児の学習プロセス」についてご紹介。妊婦さんに是非読んでほしい。

マイナンバーカード 証明写真機で簡単申請〜日本経済新聞10月17日〜

証明写真機でマイナンバーカードが申請できる 2016年1月より導入されるマイナンバー制度を前にして、各社がビジネスチャンスを模索している。大日本印刷はマイナンバー管理用の個人番号カードの”申請手続き”に目をつけ、新たなビジネスモデルを構築しようと…

TPPによる暮らし・ビジネスの変化まとめ〜日本経済新聞10月6日〜

TPPって結局何?具体的に何がどう変わるの?そんな疑問に答えられるようTPPによる暮らしとビジネスの変化について記事にしてみました。

サイバー攻撃にAI(人工知能)利用して対抗〜日本経済新聞10月6日〜

激化するサイバー攻撃に対してAI(人工知能)で対抗 当ブログでも何度か取り上げてきたサイバー攻撃問題。今回のエントリーでは、その対抗策として近年大きく注目されているAI(人工知能)を利用した不正検知システムについて取り上げる。題材となる記事は…

自販機で写真撮影サービス・LINEとインテルが提携〜日本経済新聞10月3日〜

LINE ✖️ インテル = 自販機で写真撮影サービス LINEがインテルが提携して法人向けの新サービス(自販機で写真撮影サービス)に参画するようだ。いまや世界で2億人以上が登録する対話アプリLINEが見据える戦略について取り上げてみよう。日本経済新聞10月3日…

地方創生・ビックデータ活用してインフラ効率化〜日本経済新聞10月1日〜

IT ✖️ インフラ= 地方創生 以前のエントリーで「新型地方交付金」の観点から「地方創生」を論じた。地方創生という大旗を掲げている割には、現行案は具体性が乏しく、これまでの公共事業プロジェクトと差別化できていない、という結論で記事をまとめた。 今…

金融とITの統合「フィンテック」とは?〜日本経済新聞9月30日〜

世界の大手銀行がフィンテックで大規模提携 日米欧の大手銀行が最近話題のITを駆使した「フィンテック」で提携するそうだ。金融業界にとっても、IT業界にとってもビックニュースだ。 ということで本エントリーでは、日経新聞9月30日記事「日米欧22行が提携〜…

公共財老朽化問題の課題と解決策〜日本経済新聞9月25日〜

公共財の劣化は未知の領域 本日は「公共財の劣化」について考えてみよう。人類史上、コンクリートが普及したのはほんの最近のこと。その利便性とは裏腹に、”劣化”という未知の領域の問題に我々は現在直面している。今回は日本経済新聞9月25日「民間活用 試行…

キスでアレルギー抑制〜日本人医師がイグノーベル賞受賞〜

日本人医師にイグ・ノーベル賞 ユーモアにあふれた科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が2015年17日、ハーバード大学で開かれた。 日本人からは、”キスをすることで”皮膚のアレルギー反応が低減することを実証した大阪府のクリニック院長「…

マイナンバー制導入に向けて個人で準備すべきこと

導入間近「マイナンバー制度」 9月25日の日本経済新聞でマイナンバー制度に関する特集が組まれていた。 マイナンバー制度は2016年1月から導入される予定で、それに向けて15年10月から「通知カード」が各世帯に送付される。通知カードが届いてから「何これ?…

月の砂漠をさばさばと〜さきちゃんとお母さんのものがたり〜

子どもから大人まで多くの層の人に読んでほしい。現状うまくいってる人にも、心を少し壊してしまった人にも、読んでほしい。ある人には自分の生き方を振り返る機会を与えてくれ、ある人には心の薬を提供してくれる作品だと思う。

電力自由化に向けて各社「セット売り」導入へ〜日本経済新聞9月25日〜

電力自由化に向けて「セット売り」の潮流 以前のエントリーで取り上げた「電力自由化」。 新たな動きが日経新聞で取り上げられていた。電力自由化は2016年4月から日本国内で全面導入される。技術的な側面(発電コスト)で差別化できない分、各社がユニークな…

効果的な国際金融規制〜日本経済新聞9月24日社説〜

国際金融規制の概要 久しぶりの日経社説シリーズ。国際金融の話を取り上げよう。9月24日の社説「効果的な国際金融規制を構築せよ」をテーマにエントリーする。 // 日経社説要約 リーマン・ブラザーズ破綻から7年余りが経過した。金融機関を規制しようという…

風の歌を聴け(村上春樹)

村上作品に興味を持っていることを本好きな女友達に伝えると、本書「風の歌を聴け」をお薦めされた。後日、行きつけの本屋で購入して読了。

アフターダーク(村上春樹)

アフターダーク=”日没後”。この物語は、”日没後”の都心の街か舞台。”浅井マリ”という女学生が主人公。彼女が都内のファミレスで長い夜を明かそうと、一人読書している描写から全てが始まる。やがて”高橋”という飄々としたバンドマンが登場し、浅井マリの長…

もはや「サイバー戦争」の時代へ突入〜日本経済新聞9月18日〜

もはや「戦争」!近年のサイバーテロ事情 以前のエントリーで「日本年金機構の個人情報漏洩問題」について取り上げた。近年、サイバー攻撃は激化し、手口も巧妙化している。日本年金機構の件は氷山の一角にすぎない(同機構の情報流出は起こるべくして起こっ…

通話定額プラン値下げの潮流から携帯3社の現状を見つめる〜日本経済新聞9月17日〜

携帯3大キャリア 政府から値下げ要請 携帯大手3社(softbank、au、docomo)が、国からの要請に応じて「通話定額プランの値下げ」に踏み切るそうだ。ということで、今回のエントリーは9月17日の日経記事「携帯3社、新プラン横並び」を題材に 、通信業界を取…

アマゾン ネットスーパーに参戦〜日本経済新聞9月16日〜

ネットスーパー アマゾン参戦 そごう・西友の通販サイトの次は、アマゾンの「ネットスーパー」。小売・物流業界の動きが活発だ。今回のエントリーは、9月16日の日経一面「ネットスーパー アマゾン参戦」ををテーマとする。 kaidaten.hatenablog.com // 日経…

そごう・西武が大型通販サイトを展開〜日本経済新聞9月15日〜

そごうと西武が新しい通販サイト「e.CASTEL(イー キャステル)」を開設 そごうと西武(セブン&アイホールディングス傘下)が通販サイトを開設するそうだ。9月15日の日経新聞でその内容が取り上げられていた。「なかなか面白いことしてるな」と思ったので、…

欧州難民問題 バンキシャで特集

欧州難民問題がバンキシャで特集される 日テレの「真相報道 バンキシャ」9月13日の放送にて、欧州の難民問題が取り上げられていた。シリアを中心とした難民目線からこの問題を捉えた特集が組まれていて、なかなか考えさせられる内容だった。ということで今回…

消費税減税率について諸外国比較~日本経済新聞9月11日 今日のことば~

消費税減税 議論加熱の方向へ マイナンバー制度を利用した消費税減税。連日のように日経新聞の記事に取り上げられている。9月11日の日経でも財務省の検討案などが大々的に紹介されていた。内容自体は、私が過去のエントリーでまとめたものとほとんど重複して…

伝える力(池上彰)

池上彰が語る「伝える力」。自分の文章力を向上させたい人は一度本書を読んでみればよいと思う。何か得られるものがあるはずだ。(ちなみに、池上さんてテレビで見るよりも癖のある人なんだな~とこの本を読んで感じた。)

マイナンバー消費税還付 還付額をレシートに表示 ポイント感覚での税還付になるか?~日本経済新聞9月10日 13面~

消費税還付額レシートに マイナンバー制度を利用した消費税減税についてまた新たな方針が打ち出された。9月10日の日経新聞の13面に、その具体的な内容(レシートに還付額表示)が取り上げられていたので、内容を抜粋して紹介することにする。(過去の関連エ…

マイナンバーを利用した消費税減税 新たな方針と課題~日本経済新聞9月9日一面・三面~

消費税減税 新たな方針発表 9月9日の日経新聞の一面および三面で、前回に引き続き「マイナンバー制度を利用した消費税減税」が取り上げられていた。税還付を世帯で合算できる等、新たな情報が追加されており、付随する課題についても言及されている。本エン…

外資買収の流行から見る!損保・生保市場の現状と経緯~日本経済新聞9月8日一面~

生損保分野で大型買収相次ぐ このブログでも何度か触れてきたが、最近、保険業界で海外M&Aの大波が起こっている。9月8日付の日経新聞一面でも、三井住友海上を例に損保・生保業界のM&A事情を取り上げている。 現職の関連で、私は生保関連の知識をそれなりに…

不適切会計に隠された東芝の真の姿~日本経済新聞9月8日社説~

東芝の不適切会計の真実は? 経新聞社説シリーズ9月8日版は、社説「東芝問題を日本市場の不信につなげるな」を題材とする。東芝問題は以前にも取り上げたことがあるが、今回はまた違った切り口でこの問題について考えてみる。 社説要約 会計不祥事に揺れる東…

G20の表明から世界の金融市場の流れを考える~日本経済新聞9月7日社説~

日経新聞社説シリーズ。今回は、9月7日の社説「世界経済安定へ米中の責任示したG20 」を題材に、世界の金融情勢について考える。 // 社説要約 世界の金融市場が動揺しているなかで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が共同声明を採択し閉…

マイナンバー制度を利用した消費税減税と予想される弊害〜日本経済新聞9月5日一面〜

導入目前「マイナンバー」制度 9月5日の日経新聞の一面に、「酒除く食品消費税減税〜政府案マイナンバー活用〜」の見出し。制度も導入目前ということで、今回のエントリーでは、「マイナンバー」制度を利用した消費税控除について、そして諸外国でのマイナン…

睡眠の質は変えられる~快適な睡眠を得るために~

人生の三分の一は睡眠 「人生の三分の一は睡眠である」。某社のキャッチコピーだが、思わずハッとさせられないだろうか。 睡眠の質を高めることは、自分自身の人生を充実させることにも繋がるのだ。多忙な現代人にとって、眠っている最中のことにまで気を廻…

認知行動療法で薬に頼らず幸せになろう~推薦図書紹介~

心療内科で導入が進む「認知行動療法」 私が以前体調を崩し、いわゆる「抑うつ」状態に陥った際、薬を使用しない「認知行動療法」なる治療法があることを知った。 ある心理カウンセラーによると、メンタル系の病にかかった場合、投薬治療法が必要なことはも…

本田宗一郎 夢を力に

本書は、そんな本田宗一郎の生涯を描き、私の履歴書に寄稿した本田自身の言葉や、激動の時代をともに闘った社員たちの話を紹介することで、本田の人となりについてまとめている。

「40歳定年制」から考える日本の原発問題~日本経済新聞9月4日社説~

日本は原発とどう向き合っていくべきか? 日経新聞社説シリーズ。今回は、9月4日の社説「原発の『40歳定年制』は維持を」を題材に、原発の今後の在り方について考える。ちなみに、以前のエントリーでは「電力自由化」について取り上げた。福島第一原発の事故…

アサーション~自分も相手も大切にするためのコミュニケーション~推薦図書紹介

アサーションという概念 「アサーション」という言葉をご存知だろうか。 心理学分野の用語で、”自分と相手、お互いを大切にしながら、それでも自分の意見、考え、気持ちを率直に、その場にふさわしく表現すること”を意味する言葉だ。 我々は、人との関わり合…

人手不足問題 その解決策を模索する~日本経済新聞9月3日社説~

深刻な人出不足問題 日経新聞社説シリーズ。 今回は、2015年9月3日の社説「人手不足の根にあるものを見極めよう」を題材とする。 少子高齢化時代に突入してから長年問題視されてきた「人手不足問題」。 日本は今、その原因を真摯に受け止め、解決策を模索し…

「火花」という名作

”芸人が書いた”というバイアスを抜きにしても、この「火花」という純文学小説の内容は名作に値すると思う。お笑い芸人である主人公の心境や、その時々の情景の描写が斬新・かつ繊細で、読み進めるうちにイメージが頭の中に自然と浮かび上がってくる。そして…

五輪エンブレム問題~日本経済新聞社説9月2日~

波紋広がる五輪エンブレム問題 日経新聞社説シリーズ。本エントリーでは、9月2日の社説「五輪に水さすエンブレム問題」を題材とする。連日ワイドショーで取り上げられる五輪のデザイン問題。直近では、新国立競技場の予算問題などもあり、オリンピック開催前…

社会保障費抑制の潮流~日本経済新聞9月1日社説~

社会保障費抑制について、日経新聞を斬る 日経新聞社説シリーズ9月1日版は、社説「診療報酬の減額含め社会保障費抑制」を題材とする。 8/28のエントリーで「薬局改革」について取り上げたばかりだが、最近医療関連の政策に動きがあるように思える。社説では…

日本の製造業にデジタルで新風を〜日本経済新聞8月31日社説〜

日本の製造業×ITの力 日経新聞社説シリーズ。今回は、8月31日の社説「日本の製造業にデジタルで新風を」が題材。 個人的に注目していたベンチャー企業が取り上げられていて驚いた。記事の趣旨とは逸脱するが、若者が指揮を執るベンチャー事業が、日本経済の…

「あがり症」を改善するための本

「話し方は技術である」と、著者「新田祥子」さんは語る。本書で紹介されているたった15分間の「ドキドキを鎮める15分間練習」を日々実践することで、”あかり症”の症状が驚くほど改善される。

夢をかなえるゾウ2~ガネーシャと貧乏神~

書評 夢をかなえるゾウ2 文庫版 ~ガネーシャと貧乏神~ posted with ヨメレバ 水野敬也 飛鳥新社 2014-11-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 今回「夢をかなえるゾウ”2”」の書評を書いているのは、前作”1”が手元にないからだ。同シリーズは、第1部「夢をかなえる…

薬局改革には「かかりつけ強化」ではなく「患者と薬剤師の意識改革」が必要~日本経済新聞8月28日社説~

薬局改革に物申す! 日経新聞社説シリーズ8月28日版は、社説「薬局の機能を高め医療の効率化進めよ」を題材とする。 今回は、厚生省が進めようとしている政策に個人的に大きな疑問を感じたので、政策の狙いと現状との乖離、私が考える本当に必要な改革につい…

中国発の市場動揺に惑わされないこと~日本経済新聞8月27日社説~

中国発の市場動揺に警戒怠るな 日経新聞社説シリーズ。8月27日の社説「中国発の市場動揺に警戒怠るな」が題材。 世界的に株価の乱高下が続いている。中国人民元の切り下げによって中国経済の不透明感が強まったことが直接の原因だ。 それに米国の利上げ観測…

ダ・ヴィンチ 2015年7月号 異例の増刷 ~又吉直樹~

「ダ・ヴィンチ」バックナンバー異例の増刷 ダ・ヴィンチ 2015年7月号 05987‐07 posted with ヨメレバ KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-06-05 Amazon Kindle 楽天ブックス 純文学小説「火花」により芥川賞を受賞し、一躍時の人となった又吉直樹。そして…

脱時間給制、裁量労働制の欠点~各社に求められるもの~

脱時間給制、裁量労働制の欠点について解説する 今日の日経新聞社説シリーズは、2015年8月26日の社説「企業自身で生産性高める働き方改革を」を題材に、政府によって進められようとしている、脱時間給制・裁量労働制の欠点について解説し、企業各社に本当に…

改めて振り返る日本年金機構の個人情報流出のあり得なさ

日本年金機構の個人情報流出は本当にありえないミス お決まりの日経新聞社説シリーズ。 しかし、今回は熱の入り方がいつもと少し違う。私の現職にも大きく関係する話だからだ。 今回は、8月25日の社説「年金機構と厚労省は責任と緊張感を」を題材に、日本年…