読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

セルフ・コーチング入門

実用書・自己啓発

書評

セルフ・コーチング入門 (日経文庫)

セルフ・コーチング入門 (日経文庫)

 

 

自分自身との対話で、長所を最大限に活かそうとするのがセルフ・コーチン

 

立場の違う複数の登場人物のストーリー形式で、非常に読みやすい

 

ちょっとしたフレームワークも最後に紹介されていて、結構参考になることが多い

 

文章が丁寧で、作者の誠実さを感じられる。読んでいて気持ちがよくなった

 

コストパフォーマンスの良い本と言える

 

 

 

内容抜粋

 

心配回路や憶測回路にはまると、エネルギーは低下していくのが一般的です。この回路を抜け出し、描いたビジョンに向かって、確実に行動の変化を起こすには、日常の脳の自己対話をプラスのものへと変換していくことが必要です。

 

「一人ブレインストーミング」をおすすめします。発想に制限を加えず、数人でお互いに否定しないでアイディアを出し合う手法は、「三人寄れば文殊の知恵」の現代版と言えますが、セルフ・コーチングでは、これを一人でやることになります。頭の中で漠然と考えていると、同じ選択肢にとらわれて、発想が広がらないので、紙に書くことが効果的です。コンピュータを使ってもよりですが、紙の上に手で文字を書いたり、マインドマップのように図や絵を描いたほうが、創造性が喚起されることが多いでしょう。

 

なぜ一歩を踏み出せないのでしょうか。大きく分けると、三つの理由があるようです。一つ目は、いつやるかを決められないために踏み出せない場合です。二つ目は、踏み出し方が分かっているようで、分かっていない場合。そして、三つ目は、勇気が出せない場合です。