読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

自分の小さな「箱」から脱出する方法

書評

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (419件) を見る
 

 

人間関係のあらゆる諸問題は本書で取り上げる「箱」が原因とされている

 

ザクラムというある企業に転職してきた主人公を中心に、いかにしてこの「箱」から脱出するのか、上司バドとの対話形式で少しずつ紐解いていく

 

学生時代に初めて読んだ本だったが、社会人になった今改めて読み返すと、以前より内容がしっくり自分の中に入ってくる感じがした

 

人間関係の問題は、個人やチームの生産性に大きく影響する

 

仕事やプライベートでの人間関係で悩んでいる方には、ご一読いただきたい一冊

 

 

 

内容抜粋

 

神秘的なのにオープンで、何かにとりつかれたような馬力の持ち主なのに人情味にあふれていて、洗練されていながら現実感覚を失わない人物。どこか不思議な存在ではあっても、会社の誰もがバドに賞賛を惜しまなかった

 

つまり人間は、相手がどう思っているのかを感じることができる、これがポイントなんだ。

こちらが外見上何をしているかではなく、心の中で相手をどう思っているかが、問題なんだ。

 

どちらも態度はハードなんだから、箱の中にいるかいないかの違いだけだ。

とにかく箱の中にいると現実を見る目がゆがんでしまう。自分自身のことも他の人々のことも、はっきり見ることができなくなる。自己欺瞞に陥るわけだ。そしてそこから人間関係のあらゆるごたごたが起こってくる。

 

つまり驚くべきことなんだが、こちらが箱の中にいると、相手が問題を起こす必要が出てくるんだ。つまり、問題が必要になる。

 

目の前にいる人々が常に持っている基本的な「他者性」、つまり相手は自分とは違う一個の独立した人間であるという事実と、目の前にいるのとは別の人たちとともに箱の外に出ているあいだに学んだことが相まって、相手の人間性が、わたしたちの箱を突然突き通す瞬間があるんだ。

 

箱の外にいるときよりも、箱の中にいるときのほうが、はるかにしなければならないことが多く、負担が大きいと感じていたはずだ。

 

いいかい、こちらが箱から出て仲間に加わらない限り、バドであれケイトであれ、君の奥さんであれ息子さんであれ、チャック・スターリのような人物であれ、共に働いたり、暮らしている人間の人と形(なり)を知ることは、できないんだ。