読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

となりの億万長者

書評

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

 

資産形成のための入門書として購入。

 

具体的な資産形成の手段ではなく、お金を招くためのマインドを統計を用いながら解説している。 

 

 

 

内容抜粋

ルール夫妻が億万長者になれたのは、夫人の守りのおかげだ。会社でも家庭でも、ルール夫人は予算を立ててから金を使う

 

お金を使う前に、時間をかけてきちんと計画を立て、予算を組み、出費をコントロールしなければ金は貯まらない。蓄財劣等生は、エクササイズに使う時間の三分の一も、資産運用計画を練るためには使わない

ルール夫人も人生設計を立て、目標設定をしていた。億万長者で目標設定をしている人の割合は多い。

収入が少なかったから投資に回す金がなかったと、フレンド氏は両親を弁護する。が、ちょっと考えてほしい。両親は毎日タバコを三箱吸っていた。一年は三六五日だから年に一〇九五箱。四六年間吸っているから、五〇三七〇箱が煙に消えていった計算になる。金額にすれば三万三一九〇ドル。両親が買った家の値段より高い。!彼らはタバコ代ははした金になるとしか思わず、いくらかかるか考えたこともなかった。しかし、塵も積もれば山となる。わずかな金も投資し続けていけば大きな金額になるのだ。

 

所得税こそ最大の敵

資産を築くには、課税対象となる現金所得を最小限に抑え、含み益(現金を伴わない資産価値増加)を最大限にすべきである。

 

ベローは・・・非課税地方債、節税用不動産、含み益のある株に多額に投資している。だから納税額は異常に低い。

 

調査の結果、多額の資産を築く人は現金・課税対象所得を最小限に抑え、課税対象とならない含み益や非課税所得を最大限にするよう努力していることが明らかにされている。

 

最後に、取材した億万長者の口から出てきた含蓄のある言葉をいくつかそのまま引用しておこう。

◆健康、長寿、楽しい生活、愛する家族、自立心、よい友だち。そういうもののほうがお金よりもずっと大切だ。まわりの人からよい評判を得て、尊敬を集め、誠実に、正直に生きる。そして何かをやりとげたという自信を持てたら、黙っていても金持ちになれるさ。

◆お金はおまけのようなもの。人をだましたり、盗むことはない。法律に背くことをしたり税金をごまかしたりする必要はない

◆正直に稼ぐほうがずっと簡単だ。いつも人をだましていたら商売は続かない。人生は長丁場なんだ。