読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

広島への原爆投下から70年

その他

 

広島への原爆投下から70年

 

本日、広島の平和記念公園で開催された平和記念式典の様子をテレビを通じて鑑賞した。

 

70年前の午前8時15分、広島に米軍によって開発された原子爆弾が投下された。広島の街を破壊しつくしたこの殺戮兵器は、累計140万人もの人々を死に至らしめた。今尚後遺症に苦しむ人もいる。

 

今年初めて被爆者の平均年齢が80歳を超えたそうだ。当時の様子を知り、語ることのできる人たちが徐々に少なくなってきている。だがしかし、決して過去に起こったこの惨劇を風化させてはいけない。

 

核兵器の歴史は”一通の手紙”から始まったといえる。アインシュタインが署名し、米国大統領に原爆開発計画の推進を求めた。ナチスの脅威下での決断とはいえ、彼は後日、署名したことは「大きな誤り」であると認めている。

 

世界中の多くの指導書に説かれている普遍的な一つの教えがある。

「失敗から学び、同じ過ちを繰り返さない努力をすること」

8時15分の黙祷中、犠牲者の方々を偲ぶとともに、我々の世代は決して同じ過ちを繰り返してはならないのだ、と強く思った。

 

明々後日の8月9日は、広島に続き長崎に原爆が投下された日だ。平和に対して現時点で何の行動もできていない自分だが、せめて黙祷だけはきちんと捧げようと思う。そして、本日と同様に、同じ過ちを決して繰り返さないことを決意しようと思う。