kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

アマゾン ネットスーパーに参戦〜日本経済新聞9月16日〜

f:id:kaidaten:20160319103641j:plain

ネットスーパー アマゾン参戦

そごう・西友の通販サイトの次は、アマゾンの「ネットスーパー」。小売・物流業界の動きが活発だ。今回のエントリーは、9月16日の日経一面「ネットスーパー アマゾン参戦」ををテーマとする。

 

kaidaten.hatenablog.com

 

 

 

日経一面要約

アマゾンジャパンは、割安の食品・日用品の宅配サービスを始めた。生鮮品を除く5千品目をスーパー並みの価格で販売する。利用者は好きな商品を1個単位で買えて早ければ買い物当日にまとめて届く。セブン&アイなどのネットスーパーと競争が激しくなりそうだ。

️品ぞろえ5000点 セブンなどに対抗

アマゾンは、「アマゾンプライム」を会員向けに提供する(年3900円)。飲料や加工食品、日用品など5千品目をそろえた。価格はスーパーと同程度の安さ。利用者はサイト上の商品をスーパーで買い物カゴに入れるように一個単位で選べる。商品は段ボール一個分か、重さ12キログラムまで詰められる。神奈川の配送拠点から全国に1~3日間で届ける。ネットスーパーの市場規模は約1200億円。今後5年で2.5倍になるとの試算もある。大手小売りではセブン&アイ傘下でのイトーヨーカ堂やイオン、西友などが展開している。

 

感想

アマゾンはどこまで領域を広げていけるのだろうか。ついにネットスーパーにも乗り出してしまった。3900円という年会費がどこまで消費者に受け入れらえるのか、興味深い。共働き夫婦などの増加に伴い、ネットスーパーの需要は今後大きく広がると予想される。巨頭アマゾンの戦略には抜け目がない。既存小売との激戦になることが予想されるが、個人的には国内企業の躍進を願いたい。