読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

凡人が京都大学理系学部に現役で合格する方法

実用書・自己啓発

f:id:kaidaten:20160222135017j:plain

凡人でも京都大学には合格できる

過去のエントリーでそれとなく触れてきたが、私は一応、京大卒だ。京都大学工学部を卒業し、そのまま京都大学大学院に進学。修士号取得後、就職してサラリーマンとなった。

 

当ブログでは、日経新聞や実用書を中心に記事を公開しているが、中でも資格取得のための勉強法のエントリーに人気が集まる。堅苦しい時事よりも、役に立つ”メソッド”に需要があるというわけだ。

 

今回このようなエントリーを公開するに至った背景もそこにある。大学受験を経験してから久しく経つが、自分なりの受験勉強法やマインドの持ち方、そして出身者だからこそ分かる京大の実情を公開することは、それなりに有益な情報を世に提供することに繋がるのではないか、そんなことをふと思い立ちこのような記事を書いている。

 

ちなみに、私は幼稚園から高校まですべて公立だ。両親には本当に世話になったので何の文句もないが、大学の学費は全て奨学金で支払っていた。育ちは世間の平均と変わらない。それでも京大の工学部に現役で合格することができた。

 

もはや「書評ノート」というブログの題名からはかなり逸脱したエントリーとなるが、これは私のブログだ。書きたいことを、書きたいときに、書きたいだけ書く。それが私自身のためになる。なので良しとする。

 

 

 

京都大学の理系学部の壁は世間の認識ほど高くない

早速だが、京大工学部の二次試験の倍率をご存知だろうか。

 

だいたい2〜4倍だ。

 

思っていたよりも低く感じないだろうか。もちろん母集団のレベルは高い。前段階のセンター試験の結果を鑑みて、京大受験を決めた人達が受験するわけだから当然だ。学科によってその母集団の偏差値も変わってくる。

 

しかしながら、模試の結果だけで安易に受験を諦めるのは勿体無い。試験には何が起こるか分からない。模試でA判定だった人が不合格になることはあるし、逆も然りだ。数パーセントだが万年E判定から合格を手にした人もいる。模試の判定は、”統計”をもとにしているに過ぎない。単なる確率の問題だ。

 

確率を上げるために勉強するわけではない。”試験当日”合格ラインを突破するために勉強するのだ。同じことのように聞こえるかもしれないが、ニュアンスは大きく異なる。割と多くの人が模試の結果をもとに京大の受験を諦めるが、その中には”当日”京大に合格できたであろう人も含まれている。2〜4倍の倍率なら、模試の結果が悪くても、当日の試験問題との相性次第で合格を勝ち取ることは十分可能だと考えてほしい。これは他の大学を受験する際にも当てはまることだ。

 

京大の試験形式の特徴

国公立大学であれば、一次がセンター試験。二次が各大学個別の専門試験となる。京大工学部の場合、この一次と二次の得点配分が1:4。圧倒的に二次試験の結果、つまりその大学との適正を重視していることが分かる。

 

必然的に受験対策も二次試験に重点を置いて進めていくことになる。ただ、京大の二次試験に焦点を合わせて勉強していれば、センター試験の対策はさほど必要ない。

 

京大の二次試験の特異さは有名だ。東大の二次試験の場合、とにかく回答数が多く様々な角度から問題が出題される。事務処理能力の高さや正確性が問われているのだろう。

 

一方で、京大の二次試験は”深く”より”深く”考えることを重視して構成されている。数学が最たる例だ。試験問題が”一行”ということも多い。個の特性を重んじる研究肌の強い大学であるため、一つのことを深く探究できる能力を試験で検証しているのだ。この形式の場合、部分点を貰うことがなかなか難しい。生半可な知識では攻略できない。

 

東大の試験が、多くの問題を効率的に解いて部分点を掻き集める処理能力が必要になる一方、京大では一問を完答できる粘り強さ?が必要という感じだ。

 

京大受験のための教科別勉強法

次に具体的な勉強法について。

 

京大出身の人間には天才型と秀才型がいるが、私は天才型ではない。自分のことを”秀才”と呼ぶのはおこがましいが、間違っても天才型ではない。小学校の頃の成績は悪かったし、当時通っていた地元の塾では、”がんばりましょう”クラスに入ることもしばしば。もちろんその後”がんばって”勉強したので京大に入学することができたわけだが、IQはそれほど高くない。そんな凡人代表とも云える私が京大合格のために何をしたか?

 

「丸暗記」だ。

 

そう「丸暗記」。詰め込み教育万歳。ひたすら時間をかけて丸暗記する。社会や理科だけではない。数学も結局は解法の暗記に過ぎない。

 

受験勉強をするからには「暗記」という作業は避けて通れないわけだが、天才の場合、最小限の知識を組み合わせて正解に辿り着くことができる。このため、暗記量は少なくて済む。地頭がよければ一度説明を受けただけで、概念や考え方を理解して自分のものにすることができる。解法は知識と知識の組み合わせで構築されるので、天才型はこの組み合わせがポンッと出てくるらしい。

 

一方、凡人にはそんな芸当はできない。だからひたすら丸暗記をすることになる。本来なら知識の組み合わせで答えを導き出すべき問題も、分からないのであれば、暗記項目の1パターンとして捉えてしまえばよい。もちろん時間はかかる。人の倍以上勉強する必要がある。ただ、丸暗記するだけで、今後の人生に付き纏ってくる「学歴」を得ることができる。コストパフォーマンスは悪くない。

 

丸暗記の鉄則は何か?「良書を何度も何度も繰り返すこと」だ

 

ということで、以下科目ごとに京大合格に最適な書籍を紹介するので参考にしてほしい。

 

数学

言わずと知れたチャート式。赤、青、黄と三種類あり、赤が一番難易度が高い。京大工学部レベルであれば、青チャの例題と演習問題の解法を頭に叩き込むだけで事足りる。私が京大合格後に成績を確認した際、数学の偏差値は合格者のみを母数としても60を超えていた。凡人が、解法の丸暗記によって京大の理系数学の試験問題で、合格者平均を大きく上回ることができたのだ。

 

数学が好きでたまらない人は「大学への数学シリーズ」に手を出してもよいかもしれない。”大学生”でもお手上げの超難問揃い。回答者は難関私立の高校生ばかり。ちなみに私は手も足も出なかった。

 

英語

英単語のテキストは速読英単語「速単」を使用していた。初級編と上級編があり、二冊に記載された単語を完璧に覚える。ちなみに、速単が嫌ならターゲットでもよい。

 

単語を覚える際のコツは、定期的に1ページ目からやり直すこと。私が学生当時、堀江貴文ホリタンなる英単語帳を出していたが、その単語帳に記載されていた彼の暗記法はオススメだ。ホリエモンの英単語暗記法は「反復する単語の量を増やしていく」やり方。最初の10単語を覚えて次の10単語を覚える際、新しい10単語だけを覚えるのではなく、最初の10単語も合わせて20単語暗記するようにする。次の10単語を攻略するには、30単語を暗唱できるようにならなければならない。このやり方だと、必然的に最初の方のページに記載された単語が頭の中に染み付く。ページの前半に記載されている単語は頻出の重要な単語であるため、効率的な暗記法だと今でも思う。

 

それなりの公立高校なら、文法やラインティングのテキストとしてForestを使用しているところも多いと思う。センター対策も含めて、この一冊を丸暗記するだけで問題ない。受験生当時の私は、英語は単語と文法の組み合わせだとシンプルに考えていた。さすがに二次試験では苦戦したが、センター試験では、過去問演習をほとんどすることなく200点中198点(リスニング除く)を獲得することができた。

 

長文読解やライティングの参考書については残念ながらご紹介できない。主に地元予備校のテキストを使用していたためだ。ただ、予備校に通っている学生ならそこのテキストを使えばよいし、もちろん京大の過去問を使用しても問題ない。

 

物理

「重要問題集」シリーズ。物理はこのテキストで基本から応用まですべて網羅できる。本書をひたすら反復演習すれば、京大物理にも十分対応できる。

 

「難問題の系統とその解き方」シリーズ。略して「難系」。重要問題集でも全然事足りるが、余裕があれば難系に手を出しもよいだろう。ただ、ムズすぎて解法を覚えても応用できるか微妙なところだ。個人的には重要問題集一本をオススメする。 

 

化学 

物理同様、化学も重要問題集で対応できる。化学はこのテキストと、後で紹介するZ会の添削しか使用していない。それでも当日の試験では、(物理と合わせて)合格者平均以上の得点を獲得できた。

 

国語 ・社会

特になし。というのも私が受験生だった時代は、京大理系の二次試験科目に国語と社会がなく、センター対策さえ実施していればよかったからだ(次の年から国語が二次試験科目に追加された)。センター対策は過去問を25年分解き切って対応した。しかし、本番では国語が200点中136点、地理が100点中77点しか取れず撃沈。私に国語と社会を語る資格はない。

 

教科全体

まずは赤本。京大ともなると過去問をそのまま踏襲することはないが、それでも出題パターンの”癖”を把握することは必要だ。二次試験前にきちんと時間をかけて取り組もう。解法もきちんと頭に入れること。一つの科目を極めたいのなら25カ年シリーズもオススメだ。

 

www.zkai.co.jp

そしてZ会Z会のテキストと添削は質が高い。私も一応予備校に通っていたが、選択科目は数学と英語だけ。後は全てZ会。特に化学と物理に関しては、京大コースの問題をひたすら反復演習し、過去問すらやっていない。本当に信頼できるテキストだと思う。

 

京大受験に臨む上でのマインド

受験勉強は長期戦でそれなりの忍耐力が必要となる。特に丸暗記が必要な凡人学生の場合、日々のモチベーションを保つことが何よりも重要になってくる。私自身、心が折れそうになることが多々あったが、なんとか乗り越えて現役合格を勝ち取ることができた。そこで私が実践した受験勉強を乗り切るためのモチベーションアップ法をご紹介しよう。

 

オープンキャンパスに行く

オープンキャンパスには行った方がよい。むしろ私の場合、もともと京大志望ではなかったが、友人に誘われてオープンキャンパスに参加したことで、「この大学に入りたい!」という想いが強くなり、受験に踏み切った。実際にキャンパスを訪れ、その感覚を肌身で感じることは、予想以上にインパクトに残る経験だ。辛い受験勉強中も、「自分も来年はあのキャンパスで学生生活を謳歌する!」と何度も自分に言い聞かせて頑張った。目標を達成する上で、そのイメージを明確にしていくことは重要だ。

 

合格者の体験記を読む 

「私の京大合格作戦」シリーズ。これは受験生時代本当によく読んでいた。受験勉強をしていると、日々「このやり方で大丈夫なんだろうか?」と不安に駆られることがある。そこで私は実際に京大に合格した人々がどのような勉強をしていたのか、この本を読んで学び、参考にしていた。なにより、合格のイメージを明確にすることにも繋がったので良かったと思う。

 

部活動にもできるだけ取り組む

高校生の場合、多くが部活に所属しているだろう。受験勉強を始めると、文武両道の壁にぶち当たることになるが、部活動に時間を割くことは決してマイナスではない。特に運動部の場合(私も所属していた)。運動をすると、勉強している時とは違う脳の部位が使われる。実はこれが脳にとっては非常によい効果をもたらし、相乗効果で密度の高い学習を行うことができる。生活に運動を取り入れながら勉強をすると、計算力・記憶力が高まると科学的に証明されている。何より、日々の活動を通じて人生の財産とも言える貴重な体験を積むことができるし、メリハリのある生活を送ることにも繋がる。

 

実際に京大に入ってみた感想

ここからは大学院まで含めて6年間、実際に京都大学に在籍した感想を少し紹介する。

 

理系学生の運命

京大の場合、理系学生が一般的イメージのキャンパスライフを送れるのは三年生(関西では三回生という)までだ。四年生以降は研究活動を本格的に行うためにキャンパスを移る。ほとんどの学生が宇治キャンパス桂キャンパスのどちらかに配属される。本キャンパス(吉田キャンパス)に残れる学生は稀だ。宇治も桂も周りに何もない孤高のキャンパス。研究に没頭するには申し分ないが、学生ならではの楽しい要素はあまりない。理系学部に合格したら、絶対にサークルに入っておこう。

 

京大は圧倒的に単位が取りやすい

京大は正直めちゃくちゃユルい。単位が取りやすい。神戸大学は単位を全うに取りに行くのに対し、京都大学は単位が降ってくると言われている。ちなみに、大阪大学は穴を掘っても単位が出てこないらしい。まぁ、本当にユルい。

 

どんなサークルがあるか?

基本的になんでもある。テニスサークルなどは乱立しており、公認・非公認含めて少なくとも20団体以上が存在する。京大生はサークル内の繋がりが非常に強く、大学の講義にはろくに参加しない一方で、サークル活動には大いに精を出す学生が多い。入学式などで山のようにビラを貰えるので、興味のあるサークルに所属すればよいだろう。新入生勧誘時期には、皆様々なサークルを見学して周るが、最終的に自分のカラーに合ったサークルに落ち着く。

 

京大生はモテるか?

これは人による。容姿が良かったりオシャレな人はモテるし、イカ京(いかにも京大生なオタク風な学生)はモテない。ただ、男子の場合、加点要素にはなってる感じ。他大学とのインカレサークルが多いので、京大男子は、内部の女子のほかに、京都女子大・同志社女子大ノートルダム女子大などの女子大生と付き合うことが多い。逆に女子の場合はどうか?京大は男女比率が3:1くらいなので、女子は逆ハーレム状態。普通の容姿と普通の感覚を持っていれば、ぶっちゃけ学内でそれなりにモテる。

 

京大生のアルバイトは?

世間一般の学生と変わらない。家庭教師や塾講師はやはり多いが、周りが京大生だらけなので意外と倍率が高い。一人暮らしの学生が多いので、賄いの出る飲食店でバイトする学生もかなりいる。私もその一人だった。その他、少数ではあるが、アパレルショップで働く人、ホストやホステスとして働く知人も中にはいた。

 

 

 

さいごに

色々と京大受験に関して情報提供をしてきたが、いかがだっただろうか。現在、私は社会人だが、京大卒であることで得をしたことも損したこともそれほどない。学生の頃は、学歴至上主義みたいなところが多少あったが、今は人は学歴だけでないと本気で思っている。学歴が高くなくても、頭の回転が早くて仕事ができる人や、専門性が異常に高くて抜きん出ている人はたくさんいる。私は彼らを心からリスペクトしている。

 

ただ、やっぱり凡人だった自分が、過去、大学受験という一つのことに集中し、名門と言われる大学に合格できたことは今でも自信になっている。結果を出すために努力をすることは、どんな姿であっても素晴らしいと思う。

 

なんともまとまりのない内容になってしまったが、今回のエントリーは以上だ。