kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

新宿の紀伊國屋書店がやはり好きだ

東京で有名な本屋といえば...

f:id:kaidaten:20170329232921j:plain

 

新宿の紀伊國屋書店である。

 

久しぶりに新宿の紀伊國屋書店に立ち寄った。暇潰しのつもりで入店してみたが、気付けばどっぷりと本を立ち読みしていた。

 

なんというか、あのカオス感。ゆるい統一感のある乱雑さ。なんでここにこのジャンルの本があるんや、みたいな発見がちょくちょくある。

 

普段は手に取らない本にも思わず興味が湧く。

 

f:id:kaidaten:20170329232743j:plain

 

 

 

個人的に、丸ノ内のこぎれいな大型書店とか、代官山にあるアートと連携したオシャレな書店とかより、断然、新宿の紀伊國屋書店にそそられる。

 

小説や参考書など、多くの本をここで買ってきた。

 

陳列に何か工夫があるのだろうか。

 

このご時世、”それっぽく”オシャレにまとめるだけでは何事も通用しなくなっている。

 

独り歩きする「空間デザイン」というジャンルの有識者に問いたい。

 

新宿紀伊國屋書店に何かが隠されているはずだ。

 

ちなみに、ダレノガレ明美が料理本を出したみたいで、記念の握手会が紀伊國屋の4Fで実施されるそうだ。イベント告知のチラシが階段横に貼られていた。男を誘惑するための魔女の料理本。むむむ、おもしろそうじゃないか。

 

 

料理本のチラシからふと目をそらすと、そこには又吉の新刊の告知が!小説「火花」の内容がよかっただけに、期待が高まる。

 

 

ますますダレノガレの握手会のチラシが見すぼらしく見えた。

 

 

 

 

 

 

そんな平日の午後。