読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

ちょっと今から仕事やめてくる

実用書・自己啓発 小説

書評 

本書冒頭のサラリーマン生活の鬱描写は実にリアルだと感じた。

 

なんのために生きるのか?そんなことを感じながら、いやそれすらも考えられずに働いてる時期が私にもあった。

 

会社は自分自身を磨く舞台と捉えるべきだ。賃金だけを目的に働く者は、金の奴隷に過ぎない。だからこそ、人は自分なりの使命を持って働くべきだ。そうだ、その通りだ。同意する。

 

人生にはうまくいかないこともある。当然だ。それを乗り越えて人は成長する。当然だ。そう思えるから頑張れる。当然だ。

 

一方で、日本では毎年3万人の人が自ら命を絶つ。一日平均80人以上が自殺する。

 

この現実を真摯に受けとめる必要がある。

 

毎日死にそうな顔をして、悲観的な生き方を続けることに疑問を抱くことも必要である。

 

自分の意思を抑え込み、自分の身体を壊してまで奉仕する仕事に価値はない。

 

この時代、仕事を辞めることは逃げではなく、手段と捉えてもよいだろう。自分自身のことを愛し、自分自身のことを大切にするための手段だ。

 

自分が使命をもって一生懸命働ける仕事は他にいくらでもある。

 

人は苦しむために生まれたんじゃない。人は幸せになるために生まれた。

 


【藍坊主】伝言

 

 

 

内容抜粋 

・人の人生は誰のためにあるか?

「そう。お前の人生は、半分はお前のためと、あとの半分は、誰のためにある?」

「……将来の子供とか?」

「今現在の話や」

「あとの半分は、お前を大切に思ってくれてる人のためにある」

 

・自分の人生に口だしできるのは誰か?

俺の人生に口だしできるのは、本気で俺のことを心配してくれる人だけだ