kaidaten's blog~書評ノート~

日経新聞関連の時事ネタを中心に書評ノートを公開中。小説や実用書、自己啓発本についてもたまにエントリー。

MENU

宮崎にはチキン南蛮しかないと思ったらとんだ見当違いだ

あたなは宮崎に行ったことがあるだろうか。私はなかった。だから行ったのだ。

高山に行ってきた。思ったよりよかった

飛騨・高山の「高山」の方に行ってきた 高山は岐阜の奥地にある観光地。歴史的な街なみを生かした景観政策が功を奏し、近年では、訪日インバウンドも拡大の一途。全国的にも成功を収めている都市の一つだ。行きの特急列車「ワイドビュー飛騨」にも欧米の外国…

人生は勉強が全て!京大出身者が教える効率的な勉強法

いかに効率化的に勉強するか 入試、資格、昇級試験、我々の人生には、常に勉強がつきまとう。そして、その結果によってその後の歩む道が変わっていく。 勉強の本質は何だろうか?我々は勉強することで何を得るのか? それは「成長」である。成長するために勉…

キングコング西野の革命のファンファーレの内容について

キングコング西野の2冊目のビジネス書「革命のファンファーレ」から、芸人と作家の二つの側面を合わせ持つ西野亮廣という中年男性の真実に迫る。

快適睡眠法をスタンフォード式に学ぶ

良質な睡眠の鍵は「最初の90分」。眠りの鍵を握る深部体温や熱放射の仕組みから、毎日実践できるメソッドまでを簡単にご紹介。

公務員の仕事は物凄く無駄が多い

「どんだけ無駄なことしてるんだ公務員」と過去嘆いたことをふと思い出したので記事にした。

ブログにおけるガス抜き。本音を書くことも必要

さあ何を書こうか。 ブログを継続している人の多くが一つの大きな壁にぶつかる。過去に積み上げてきたエントリーに縛られて、新しいエントリーを更新できなくなるのだ。 このご時世、低品質な記事をアップし続ければ、サイト全体の検索ヒット率が下がり、広…

働きながら地方公務員試験に合格する方法

断言しよう。地方公務員試験は楽勝だ。私がかつて働きながらも、2ヶ月で政令市の地方公務員(土木職)に合格した際のメソッド(勉強法)を当エントリーで紹介しよう。技術職以外にも応用可能な汎用性の高いものなので参考にしてほしい

堀江貴文の「多動力」

堀江貴文が今の時代に求められる姿勢について語る 多動力 (NewsPicks Book) 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/05/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 家の近くにTSUTAYAのブックカフェがあって、たまにふらっと立ち…

ノルウェイの森

今更ノルウェイの森を読んだ ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/03/13 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 29回 この商品を含むブログ (54件) を見る 今更、名作中の名作、鉄板中の…

又吉の第二作「劇場」〜ダメな男とそれを支える女性〜

売れない演出家と女優志望の女性の生活を描く「劇場」 劇場 posted with ヨメレバ 又吉 直樹 新潮社 2017-05-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 又吉の小説第二作「劇場」を読了した。 作品全体に散りばめられている主人公のクズさ。ヒモ男とはこういうものなの…

人は口癖とおりの人生を歩む

人は口癖とおりの人生を歩む という格言を聞いたことがあるが本当だろうか。 人の思考は、長期的にみれば物理的な作用を及ぼし、我々が存在する世界で、時空間的な影響力をもつ。そんな胡散臭い話が、量子力学という未だ謎が多い学問分野で証明されようとし…

A Monster Calls〜怪物はささやく〜

誰人の中にも良心と悪意が共存しており、それらの狭間で判断が付かないことが往々にしてある。「怪物はささやく(A Monster Calls)」で出現する「怪物」が少年に伝えたかった少年の真実とは?

新宿の紀伊國屋書店がやはり好きだ

東京で圧倒的な存在感を放つ紀伊國屋書店新宿本店。魅力的な本屋で垣間見た衝撃の事実とは…

男のアレが入らないという話を読んだ

こんな本が本屋のベストセラーコーナーに置いてあるとは。おもしろい時代になったものだ。でもおもしろい。

「見放題」サービスを契約するならamazonプライムビデオ一択である理由

amazonプライムビデオが熱すぎる。他の見放題サービスと何が違うのか?その真実に迫る。

「まぁいっか」と考えるようにしたら生きるのが楽しくなった

人生を悲観するそこのあなた。生き急ぎすぎているそこのあなた。もっとゆるく生きましょう。ゆっくり歩くことで見えてくるものもあります。

読書を続けてよかった3つのこと

読書は確実にあなたの人生を豊かにする。読書によって得られるメリットを本エントリーにまとめてみたので参考にしてほしい。

圧倒的な美しさ「羊と鋼の森」

羊と鋼の森 羊と鋼の森 posted with ヨメレバ 宮下 奈都 文藝春秋 2015-09-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 美しい。圧倒的な美しさ。 こんなに繊細な小説が近年あっただろうか。いやない。紡ぎ出される言葉すべてが丁寧に丁寧に扱われている。 暖かい木のぬ…

「何者」を読んで気付かされたこと

就活が舞台の小説 何者 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 朝井 リョウ 新潮社 2015-06-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 朝井リョウの小説がまた映画化されているそうだ。 「桐島、部活やめるってよ」で華々しくデビューした朝井リョウ。独特な視点から構成さ…

自分の軸を他人に合わせるな〜コンビニ人間〜

芥川賞受賞のコンビニ人間 コンビニ人間 posted with ヨメレバ 村田 沙耶香 文藝春秋 2016-07-27 Amazon Kindle 楽天ブックス 一行目から「この作品はおもしろい!」と感じた。久しぶりにヒット作に出会うことができたので、更新が滞っていたブログを再開し…

ブログを放置して気づいたこと

ブログの更新が途絶えた 2013年にブログを開設した。 タイトルを「書評ノート」と名付け、熱心にエントリーをアップし続けること3年。 何も起こらなかった。 素人なりにもサイトのデザインをカスタマイズし、SEO対策にも気を遣った。ブログに広告を貼れるこ…

企画から販売まで一人。女性社長が家電業界に革命をもたらす

社員一人!家電業界で注目されるUPQ 2015年に誕生したスタートアップ家電ブランドUPQ「アップキュー」。 女性社長一人で構想し、2ヶ月でスマホを中心とした製品の販売開始に着手。あまりのスピードに話題を呼んだ。NHK「ガイアの夜明け」でも特集が組まれた…

逃げないこと

苦しいことから逃げないこと 「KAROSHI(過労死)」という言葉が海外で普及するほど、日本人は働きすぎと言われている。 私もその一人だ。 過去、「パニック障害」という精神疾患にかかったことがある。日本人の約100人に1人がかかる病気だそうだ。 当時担当…

熊本地震ではっきりとわかった「耐震」の重要性

多くの人々が犠牲になった熊本地震 熊本地震で犠牲になった方々に対してお悔やみ申し上げます。 そして、今なお厳しい避難生活を強いられる県民の方々が、一日も早く安定した暮らしを確保できることを祈ります。毎日祈ります。 私は阪神淡路大震災の被災者の…

痛税感を緩和する?軽減税率の全まとめ

2017年4月に消費税率が10%に引き上げられる。国が社会保障を目的に踏み切った政策だ。それと同時に導入されるのが「軽減税率」。対象を「食料品」に限って消費税を減税する制度だ。しかしながら、何のために導入されるのか?そもそもなぜ「食料品」に限られ…

土佐堀川〜朝ドラでは描かれなかった広岡浅子の物語〜

NHK朝ドラ「あさが来た」が終盤を迎えている。視聴率は軒並み高く、朝ドラ史上でもヒット作の部類に入ったと言えるだろう。その原作が、本書「小説 土佐堀川」。発刊年は1988年。大阪・中之島の図書館にただ一冊だけ置かれていた同書を、NHK製作担当者がたま…

待機児童を解消するには?〜日本経済新聞2016年3月16日社説〜

保育所に入れない不満を綴った匿名ブログのエントリーが多くの反響を呼んだ。国の子育て政策に対して、働く女性達の関心が高いことが示されたといえる。そこで今回のエントリーでは、女性の活躍と育児に焦点を当てた記事を内容を紹介し、日本の保育サービス…

巨匠がオススメする書籍 Ver2

「巨匠がおすすめする」シリーズ第2弾。2016年3月3日夕刊から拝借。今回の3冊では、「現代社会」を独特な視点で捉えた著者達がそれを文章に落とし込んでいる。「批判」・「啓発」・「投げかけ」。それぞれの本に著者の真剣な想いが込められている。

巨匠がオススメする書籍 Ver1

日経新聞で定期的に特集が組まれる「目利きが選ぶ3冊」の内容を紹介している。第一弾は、2016年3月10日の夕刊のものを拝借。選書の際の参考にしてもらえれば幸いだ。